お散歩フェレットエルちゃん
スポンサーリンク

いたち(フェレット)

「買う」じゃなくて「飼う」【間違ったフェレットの長所】結婚前には両目を大きく開けてみよ。結婚したら片目を閉じよ。by.トーマス・フラー

投稿日:2016年9月4日 更新日:

かの有名なトーマス・フラー先生のお言葉を大胆にもタイトルに使ってみました。

決断前は目ん玉見開いて長所も短所もちゃんと見なさいよ。

真っピンクの分厚いその色恋フィルターは、いつの間にか望遠レンズ付きの遠近両用メガネと化したうえに

顕微鏡機能まで備わって

見えない方が良かった物、逃避したくなるような現実ほど眼前に突き付けて、見せてくるようになりますよ。

そうなった時には、黙って片目を閉じて見えない振りをしてやり過ごしなさいね。

っていうか、

そんなもんかけたまま片目なんか閉じたら、ほぼ何も見えません。

自力でピントを合わせる前に頭が痛くなるに決まっています。

ガンガンする頭を押さえて見たくもない現実なんて見たところで、何にも見えやしませんよ。

だったらもう、潔く両目を閉じて

「あの頃」を見ましょうね。

アバタに見えるそれはエクボなんです。

あなたが両目カッ開いてちゃんと見定めたはずでしょ?

そのエクボにうっとりしていたあの頃のあなたを思い出して下さい。

それが大人ってものなんです。

2人がずっと仲良くいられる秘訣です。

以上、はなこ的解釈

まあ、こんな下品な講釈つけたところで神学者のトーマス先生はきっと怒らないと思います。

でも…なんか、ごめんなさい。

スポンサーリンク

他所様の結婚生活に口を出すつもりはありません

ただ、ペット生活に遠慮無く口を出させて頂こうと思っているだけです。

一応、そういう資格もありますし

いたちのおうちはフェレットの愛護施設だし。

保護団体のスタッフですし。

私が個人として所属しているの団体「花いたち」の基本方針は

  • 遺棄(迷子)フェレットの保護
  • 適正飼育の啓発

です。

そうは言っても、

私は基本的に昔からずっと保護団体なんか無くなれば良いと思っていますので、

保護活動より保護しなきゃいけない動物がいなくなる活動に重きを置いていたりします。

保護活動者の最終的な目標はきっと皆同じだと思います。

私的には、適正飼育の啓発よりその前の段階で飼育に自身と環境が適正かを考える

「一呼吸を持ってもらう」そんな仕組みが出来たら良いなって思います。

これは私が自分を

「正しい飼い主です」と胸を張って言えないからとか、そういう気持ちだからなのは

内緒です。

うちの可愛いエルちゃんのお散歩風景です。

フェレット散歩

エルちゃんはお散歩が大好きです。

そろそろ涼しくなってくるからまたどこへでも連れて行ってあげようと思います。

フェレットですから、ただニョロニョロ歩いてるだけです。

それでもご覧の通り可愛さが駄々漏れちゃっています。

本当に可愛い天使です。

そんな天使がショップにはたくさんいます。

たくさんのニョロニョロ天使に囲まれてアバタもエクボで

脳内にまっピンクのフィルターがかかってる、そこへ

「フェレットは皆さん飼いやすいっておっしゃいますよ。」って…

飼いやすいって何ですか?

  • 犬みたいに吠えない、散歩の必要がない
  • 猫みたいに壁で爪とぎしない、猫より懐く

これ、フェレットの長所でも何でも無いですからね。

ワンちゃん、ニャンコスを飼いたいけど飼えない事情ってだけですよ。

上記の理由で犬、猫が飼えないならフェレットも飼えないと思って下さい。

確かに、フェレットは吠えません。

散歩も爪研ぎも必要ありません。

吠えないからって静かだと思ったら大間違いです。

洗濯機やらテレビ台の後ろに入っていって、お隣さんと一番近い壁をガリガリやったり平気でします。

猫ちゃんみたいに必要な爪とぎじゃなくて

「なんか楽しい」からガリガリガリガリやります。

ちょうど

あなたの腕が届かないあたりでやります。

フェレット隙間

楽しくてやってるんだから掴み上げられて中断させられたくないですからね。

賢いんです。

壁紙は破らないけど、

カバンやピアスのシリコンキャッチや

靴底を

フェレットいたずらスリッパがボロボロ

ボロボロにしちゃうかもしれません。

ゴム製品の誤食には気を付けてあげて下さい

フェレットとオモチャ
フェレットが好きなオモチャ【誤飲・誤食】事故につながる危険が多い日用品。慌てないこと!勝手に安心しないことが大切!

フェレットは柔らかいゴムのオモチャが好きな子が多いです。 その分、ゴム製のオモチャでの「事故」というのも多いです。 今日はそんな一例と気を付けてあげて欲しい事のお話しです。 うちの可愛いフェレっ娘エル ...

絨毯が擦り切れるまで掘り続ける子だっています。

そういう事もちゃんと買う前に知っていて欲しいんです。

「聞いてた話しと違う」って理由で遺棄される子を0にするのが私の夢です。

そのために活動しています。

飼う前にちゃんと

「その子」を知って下さい。

ちゃんと最期まで飼えるのか考えて下さい。

それでも

「飼える」って決意を固めて、初めてその子を手にした時の事を忘れないで下さい。

それでもやっぱりどうしてもって時は、いつでも

「いたちのおうち」を頼って下さい。

「花いたち」は保護団体ですがそういう相談にきちんと乗ってくれる場所でもあります。

他にもたくさん頼れる所はたくさんあります。⇒フェレット専科

なるべくなら…そういう所を頼る事になるんじゃないかって事までを

「買う」前にきちんと考えてあげて欲しいんです。

抱っこ寝フェレット
新説(珍説?)いたちのおうち的フェレット解説【特徴・飼い方】どんな生き物?飼う前に知っていて欲しい大切なこと

どんなに可愛くても動物たちは動くヌイグルミではありません。 人間の子供のように成長して「手がかからなくなる事」も「自立する事」もありません。 社会人になって仕送りをしてくれるどころか、あっという間にあ ...

【いたちのおうち.xyzをLINEでお勧めしてくださる皆さまへ】

LINEはpunycode(ピュニコード)変換に対応していないので、
こちらの共有ボタンは使えません。
お手数ですが
URLを直接コピーしてお使い頂きますよう、お願いいたします。

-いたち(フェレット)
-, , ,

Copyright© いたちのおうち , 2019 All Rights Reserved.